鶏とゴボウの味噌煮

鶏とゴボウの味噌煮
239kcal
総エネルギー量
約20分
調理時間
約130円
費用目安(1人分)

ごぼうといえば食物繊維といわれるように食物繊維がたっぷり!食物繊維は腸の蠕動運動を活発にしたり、コレステロールの吸収を抑えたり、血糖値の急上昇を抑える働きがあります。発酵調味料である味噌との組み合わせで腸内環境の正常化の助けをしてくれるレシピ。

藤岡華代
管理栄養士・野菜ソムリエ及び協会講師・フードアナリスト
藤岡華代

材料(1人分)

鶏もも肉 1/4枚(70g)
ゴボウ 1/4本
シイタケ 2枚
青ネギ(小口切り) 大さじ1
★昆布だし 100ml
★ショウガ(薄切り) 1枚
★みりん 大さじ1/2
味噌 大さじ1/2
小さじ1/4

作り方

  • 1

    鶏肉はひと口大、ゴボウは斜め切り、シイタケは半分に切る。

  • 2

    鍋に油を入れて熱し、鶏肉を入れて焼く。だいたい色が変わったら、ゴボウとシイタケを入れてさらに炒める。

  • 3

    ほとんど火が通ったら、★を加えて約10分煮る。

  • 4

    柔らかくなったら味噌を加えてサッと煮て、仕上げに青ネギを入れてひと混ぜする。

管理栄養士からのコツ・ポイント

ゴボウが硬い時には、ダシを加えて少し長めに煮ましょう。

栄養素(1人分)

エネルギー 239kcal ビタミンB2 0.19mg
たんぱく質 14.4g 葉酸 63μg
脂質 11.3g ビタミンC 4mg
炭水化物 18.4g コレステロール 62mg
カルシウム 41mg 食物繊維総量 4.8g
1.2mg 食塩相当量 0.9g
ビタミンB1 0.14mg

このレシピの作者

藤岡華代

管理栄養士・野菜ソムリエ及び協会講師・フードアナリスト

飲食店、ホテルレストランに対して、ターゲット顧客に合ったレシピの開発を行う。また、自身の経験をいかし、「妊活」(妊娠に備えて心と身体を整える活動)中の女性、離乳食や幼児食の他、ライフスタイルに合わせた具体的で実践しやすい食事カウンセリングに定評がある。

関連するレシピの特徴から探す
レシピ組み合わせ

単品で食べるよりも複数のレシピを組み合わせることで食事のバランスも良くなります。

管理栄養士がおすすめするレシピ組み合わせを紹介します。

best-cooler.reviews/grizzly-coolers-for-sale-review/

tokyozakka.com.ua/110-glaznye-kapli

Был найден мной популярный сайт про направление Профессиональная мясорубка https://apach.com.ua