牡蠣の水炊き鍋

牡蠣の水炊き鍋
275kcal
総エネルギー量
約20分
調理時間
約580円
費用目安(1人分)

牡蠣に含まれるタウリンという成分は、血中のコレステロール値を下げる効果が期待されています。牡蠣は火を加えすぎると固くなりますので、召し上がる直前に鍋に入れ、ふっくらしてきたら食べ頃です。食物繊維たっぷりの野菜も摂れるメニューです。

ダイエットプラス
「正しく食べる」をあたり前の毎日に
ダイエットプラス

材料(1人分)

牡蠣 5個
豚もも肉 2枚(50g)
長ねぎ 2/5本(40g)
人参 3cm(30g)
大根 0.5cm(20g)
エリンギ 1本
水菜 1束
絹ごし豆腐 1/6丁
緑豆春雨 1/4袋
だし汁 300cc
生姜 ひとかけ
醤油 小さじ1/2
ポン酢 大さじ1

作り方

  • 1

    牡蠣はよく洗っておきます。豚もも肉は一口サイズに切ります。水菜は1-2cmの長さに切ります。

  • 2

    その他の野菜、エリンギ、豆腐は食べやすい大きさに切ります。春雨はお湯につけて戻しておきます。

  • 3

    鍋にだし汁、生姜の搾り汁、エリンギ、野菜類を入れて煮立たせます。豚肉、豆腐、牡蠣、春雨を加え、火が通ったら、完成です。

  • 4

    ポン酢と醤油をあわせ、添えます。

管理栄養士からのコツ・ポイント

牡蠣は海のミルクと呼ばれるほどクリーミーな食感が特徴の食材です。鍋にして全ての栄養素を美味しくいただきましょう。

栄養素(1人分)

エネルギー 275kcal ビタミンB2 0.44mg
たんぱく質 23.3g 葉酸 144μg
脂質 8.4g ビタミンC 28mg
炭水化物 28.0g コレステロール 85mg
カルシウム 206mg 食物繊維総量 4.7g
3.7mg 食塩相当量 2.8g
ビタミンB1 0.68mg

このレシピの作者

ダイエットプラス

「正しく食べる」をあたり前の毎日に

「正しく食べてやせる」ダイエットを実践できる、様々なダイエットサポートサービスを提供。やせない理由がわかる「ダイエット診断」ほか、管理栄養士考案のレシピやコラムをダイエットプラスサイトにて配信中。

ダイエットプラスラボ(銀座)やダイエットプラスコールでは、食事改善をメインとした、管理栄養士によるダイエットサポートサービスを提供しています。

関連するレシピの特徴から探す
レシピ組み合わせ

単品で食べるよりも複数のレシピを組み合わせることで食事のバランスも良くなります。

管理栄養士がおすすめするレシピ組み合わせを紹介します。

Узнайте про нужный сайт про направление unoway.top http://www.profvest.com/2018/02/unowaytop-hyip-otzivi-obzor.html
продвижение

наращивание бровей