【意外と知らない】後悔しない「お寿司」の食べ方とは?

【意外と知らない】後悔しない「お寿司」の食べ方とは?

ついついお寿司を食べると、知らない間に沢山食べてしまって後悔した事がありませんか?お寿司は良質な魚を摂りやすくヘルシーなイメージがあるものの、たくさん食べてしまうのはできるだけ避けたいものですよね。今回は、意外と知らなかった食べすぎを防ぐ方法を5つ紹介したいと思います。

お寿司を食べ過ぎてしまう3つの理由とは?

理由1:見た目が小さいため、太らないと安心してしまう

食べ物を食べるときに、見た目はすごく大事ですよね。見た目が大きいと、警戒心がわき、あまり食べないでおこうと、あらかじめ思う方も多いと思います。しかし、逆に見た目が小さいと、食べても太らないだろうと安心してしまい、結局、たくさん食べてしまうという結果に繋がる場合もあります。

理由2:味付けが食欲をそそる

すし飯は、砂糖、酢と塩で出来ており、さっぱりとした味の上に、塩味や甘味もあるため、食欲がそそられ、ついつい食べすぎてしまう事もあると思います。

理由3:あまり噛まない

お寿司のネタは何を食べていますか?脂質の多いものなどは、柔らかいネタが多く、自然と噛む回数が少なくなるため、満腹だと感じるまでに時間がかかります。その結果、食べすぎてしまう事があります。

後悔しないお寿司の食べ方のポイント5つ

ポイント1:お寿司のネタを賢く選ぶ

タコやイカなどの貝類や、きゅうりなどの野菜などは、自然と噛む回数が増える上に、比較的脂質が少なく、カロリーも低いので、ダイエット中には特におすすめです。

ポイント2:あらかじめ食べる個数を決めておく

特に、回転ずしなどは、あらかじめ何皿食べるか事前に決めておきましょう。様々なネタが常に目の前に通ると、食欲をそそられ、どんどんお皿に手を出してしまう方もいると思います。事前に決めることで、食べすぎを防いでくれます。目安として、6貫で、ごはん茶わん軽く1杯分くらいです。

ポイント3:醤油をあまり付けない

塩分のある食事は食欲をそそります。醤油をつける事で、お寿司がさらに食べやすくなり、食べすぎにつながります。

ポイント4:緑茶でひとまず休憩する

あつあつの緑茶を飲むことで、身体を温めて、新陳代謝を高めてくれます。また、緑茶で一息つくことで、お腹を落ち着かせてくれます。

ポイント5:野菜が摂れそうなサイドメニューをプラスする

回転ずしなどに行くときに、どうしてもお寿司しか食べない方も多いと思います。しかし、それでは炭水化物やたんぱく質だけに偏ってしまいます。野菜、海藻類、きのこ類などが入ったサイドメニューをプラスすることで、栄養バランスが整い、スムーズに代謝しやすくなります。

おすすめのサイドメニューは?

メニュー1:汁物

汁物は、野菜、海藻類、きのこ類などが入ったものを選びましょう。汁物を飲むことで、お寿司を食べるスピードを抑えてくれるので、食べすぎも防いでくれます。また、汁物は身体を温めてくれるので、新陳代謝も高めてくれます。

メニュー2:サラダ

グリーンサラダが一番おすすめです。また、出来れば、お寿司を食べる前に、サラダを食べることで、急激な血糖値の上昇を防ぎ、太りにくくしてくれますよ。

まとめ

サイドメニューがカギ

今回は、食べすぎを防ぐお寿司の食べ方5つを紹介しました。ぜひ参考にして、食べ方の工夫をしてみてくださいね。

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!
  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス
ダイエットアプリについて詳しく見る

ダイエットプラス

カテゴリ別ニュース