【おいしい!嬉しい!】トムヤムクンで、脂肪燃焼&デトックスに美肌効果♪

トムヤムクンはタイ料理を代表するスープです。あの酸っぱくて辛く、旨味の強いスープに驚きのパワーが秘められていることをご存知でしたか?ダイエットや美容に嬉しい成分が、たっぷり含まれているんですよ♪食材同士で高めあうスゴイ効能をご紹介します。

トムヤムクンをおさらい!

世界3大スープのひとつともいわれるトムヤムクンは、タイ語で「煮る(トム)」「混ぜる(ヤム)」「えび(クン)」という意味。つまり、具としても出汁としても、えびが欠かせません!
また、唐辛子の辛味やライムなどの酸味、レモングラスなどのハーブの香りもとても重要。ここにココナッツミルクによる甘味も加わることで、タイ料理の4大要素である辛味、酸味、甘味、塩味の全てを兼ね備えた、複雑な旨味のスープができあがるのです。

トムヤムクンを作るには?

トムヤムクンは難しそう…と思うかもしれませんが、実は簡単なんです。30分もあればお店のような味を再現できますよ。

揃えておこう!主な具材4つ

・えび…有頭えびがおすすめ。けれど「食べやすいほうがいい」「さっと作りたい」という場合はむきえびでもOKです☆

・きのこ類…タイではフクロタケを使いますが、お好きなきのこでOK。旨味のよくでるマッシュルームやしめじ、エリンギなどがおすすめです。

・たまねぎ…タイではホムデンという小さな紫玉ねぎを使うことが多いそう。そのため、紫玉ねぎで代用すると本場の雰囲気に近づくかも。もちろん普通の玉ねぎでもおいしいですよ♪

・パクチー…最後にパッとあしらうだけで、トムヤムクンのレベルがぐっと引き上がります!

味の決め手はトムヤムペースト

最近はさまざまな調味料やペーストが登場し、手軽に各国料理にチャレンジできるようになりました。トムヤムクン用のペーストもすぐに手に入ります!
生姜やにんにく、唐辛子やその他の調味料、レモングラスなどのハーブをすりつぶしてトムヤムクンのためのペーストを作るのは、ハードルが高いですよね。でも、トムヤムペーストがあれば安心です◎

トムヤムクンの効能とは?

トムヤムクンの材料にはダイエットや美容効果を高めると言われるものが多く、成分の溶けだしたスープを摂取することはとても良いとされています。
さらに、1人前あたり100kcal前後と低カロリー。具材はえびと野菜が中心なので、高たんぱくで脂質も控えめです♪

※具体的な調理の方法によって、カロリーは異なります。

デトックス効果

レモングラスには血管拡張作用があり、むくみや冷えを改善してくれます。
また、トムヤムクン独特の風味によって、塩分を控えた味となっている点も、むくみ解消のポイントです。

脂肪燃焼効果

唐辛子の辛み成分であるカプサイシンにより、代謝が促進されます。レモングラスによる血行改善も脂肪燃焼をサポート。内臓脂肪の燃焼にも効果を発揮するといわれています。

アンチエイジング効果

トムヤムペーストに含まれるタイショウガやカフィアライムというハーブは、抗酸化作用が非常に強いのが特徴。えびに含まれているアスタキサンチンも、活性酸素を除去する効果があるため、アンチエイジング効果を期待できます。

美肌効果

ライムにはビタミンC、葉酸、カルシウムなど美肌づくりに欠かせない栄養素が多く、クエン酸による疲労回復効果も期待できます。パクチーも、カロテン、ビタミンC、ビタミンEが豊富なため、肌のハリやツヤを高めると言われています。

まとめ

トムヤムクンは各食材の相乗効果により、さまざまな効能が期待できます。ダイエットにも美肌にも良い効果が見込めるとなれば、食べないと損ですよね!
ぜひ、おうちで作ることにも挑戦してみてくださいね。

なお、レモングラスはペーストにも含まれていますが、別途用意しておくとさらに本格的な味を再現できますよ♪
辛さはココナッツミルクやライムなどの果汁で調整しましょう。

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!

  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース

oak texture

protege.kiev.ua

protege.kiev.ua