【食べるエステ!?】ちょい足しするだけでOK!「クコの実」が大注目されるワケとは?

「クコの実」は別名ゴジベリーとも呼ばれ、美容やダイエットにも効果が期待できるスーパーフードとして注目を集めています。最近では海外セレブやモデルなど、健康や美容意識の高い方たちの間で取り入れる方が増えているそうですよ。そこで今回は、「クコの実」の持つ驚きのダイエット&美容&健康パワーについてご紹介します。

実はスゴイ!今大注目のクコの実

クコの実といえば、「杏仁豆腐の上に添えられている赤い実」というようなイメージしかありませんよね。料理に加えたり、積極的に食べたりする方は、少ないかもしれません。そんなクコの実ですが海外では「ゴジベリー」と呼ばれ、「食べるエステ」と言われるほどの美容効果が期待できる、今大注目のスーパーフードとして人気が高まっています。

100歳になっても元気の秘訣

クコの実は、カロテノイドやポリフェノールを豊富に含み、ミネラルやビタミンB群、食物繊維を摂れる優秀な食品です。クコの実を習慣的に食べる方の中には、なんと100歳を超えても健康で元気に生活をしている方が多いそうです。そのため、長寿の秘訣はクコの実にあるのではないかと考えられています。

▶【1日スプーン1杯でOK】「チアシード」の3つのダイエット効果がスゴ過ぎる!!!?

クコの実パワーがスゴイ!

1.代謝アップでやせ体質に

クコの実には、糖質や脂質の代謝をスムーズにするビタミンB1やB2が含まれています。これらが不足すると、食べたものが脂肪としてため込まれやすく、太りやすくなってしまうため、ダイエット中には積極的に取り入れたい栄養素です。
また、疲労回復にも役立つと言われています。

2.鉄分補給に便利

クコの実は、ホウレンソウのおよそ15倍の鉄分が含まれていると言われています。鉄分が不足すると貧血を招きやすいのはもちろん、むくみや肩こり、代謝の低下にもつながるので、クコの実を鉄分補給として取り入れるのもいいでしょう。特に女性は、鉄分不足を招きやすいためおすすめです。

3.トップクラスの抗酸化作用で美肌に!

ビタミンやポリフェノールなどは、美肌作りには欠かせない栄養素です。クコの実は、オレンジよりも多くのビタミンCを含むうえに、β-カロテンの含有量がにんじんよりも多いと言われています。ビタミンCは、肌の潤いやハリを保つコラーゲンの生成に関わるほか、メラニン色素の沈着を抑えて透明感のある肌作りをサポートしてくれます。また、β-カロテンは体内で必要に応じてビタミンAに変換され、肌の新陳代謝を促して、アンチエイジングケアに役立ちます。

ちなみにクコの実は、世界でも強い抗酸化作用をもつ食品として知られています。このことからも、美容意識が高い海外セレブやモデルたちの間で人気の理由が分かりますよね。

▶【食べるだけでやせる!!?】話題騒然!「スーパー大麦」はやせ体質を作るってホント?

ちょい足し☆クコの実レシピ

もち麦の鶏しお雑炊

ぷちぷち食感が特徴のもち麦もスーパーフードと言われる食品の一つです。そんなもち麦で作った雑炊にクコの実をトッピングすれば、ダブル効果を期待できそうですね。

▶「もち麦の鶏しお雑炊」レシピはこちら

甘酒とクコの実の薬膳デザート

甘酒は「飲む点滴」と言われるほど栄養価が高く、麹の力で砂糖を入れなくても優しい甘さが楽しめます。女性が嬉しいスイーツの完成です!

▶「甘酒とクコの実の薬膳デザート」レシピはこちら

ヘルシーカレーwithごはん

いつものカレーにクコの実をパラパラと振りかけるだけで、見た目が鮮やかになるのはもちろん、栄養価もアップして一石二鳥です。

▶「ヘルシーカレーwithごはん」レシピはこちら

毎日の食卓に「クコの実」を

クコの実は古くから「不老不死の妙薬」と呼ばれるほど重宝された食品です。強いクセもないため、ドライフルーツと合わせて、ヨーグルトやシリアルのトッピングとして使用したり、サラダと一緒に食べたり、様々な料理とも相性良く食べられますよ。
今までは食べる機会がなかった方も、クコの実をダイエットに取り入れてみてはいかがでしょうか?

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!

  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース