【インスタでも話題!】超ヘルシーな「ナイスクリーム」って知ってる!!?

アイスクリームといえば夏に食べるイメージが強いですが、近年では冬にこそ食べる方も増えているそうです。しかし、ダイエット中の方にとってアイスクリームは、カロリーや糖分が気になるところですよね。そこでおすすめなのが「ナイスクリーム」です!今年大注目されている「ナイスクリーム」についてご紹介していきます。

ナイスクリームの正体とは?

『ダイエット中でも安心して食べられるアイスクリーム!』として、最近注目を浴びている「ナイスクリーム」とは、バナナを主材料としたアイスクリームのことを言います。

バナナといえば栄養価が高いことで知られていますよね。そんなバナナを凍らせてからミキサーで撹拌すると、まるでアイスクリームのようなとろっとした口当たりになると言われています。トッピングなどをしなければ100%バナナでできているため、ダイエット中のスイーツにピッタリではないでしょうか。

バナナは意外に低カロリー

バナナは栄養豊富なイメージから太ると思って、ダイエット中に避けている方もいるかもしれません。しかし、その気になるカロリーは1本(100g)あたり約86kcalと意外にも低カロリーなのです。さらに、果物であるバナナの糖質は素早くエネルギーに変わるため、血糖値の上昇が緩やかなのでダイエット中でも安心ですよ。

作り方は簡単!

まず、ナイスクリームを作りたいと思ったら、バナナを冷凍するとことから始めましょう☆
<用意するもの:2人分>
・バナナ 2本(200g)
・ミキサーまたはフードプロセッサー

<基本の作り方>
1.皮をむいて身だけにしたら、バナナの実だけをラップに包みます。
(※ミキサーにかけるため、冷凍する前にカットしておくのがおすすめです!)
2.冷凍庫から出したら、そのままミキサーやフードプロセッサーを使って撹拌して完成です。

<アレンジ方法>
凍らせたバナナをミキサーやフードプロセッサーに加える際に、牛乳やココナッツミルクなどを加えてアレンジするのもOKです。また、トッピングに少量のナッツを加えると、満足感がアップしますよ。

▶【ガマンしないで食べてOK!?】「アイス」を食べてもダイエットに成功する2つの秘策とは?

バナナが持つ嬉しい栄養パワー

1.便秘解消

バナナには、豊富な食物繊維が含まれています。
食物繊維には、腸内にいる善玉菌の増殖を促して腸内環境を良好に保ってくれる「水溶性食物繊維」、腸を刺激してぜん動運動を活発にすることで老廃物や毒素などの排出を促す「不溶性食物繊維」があります。バナナには、この両方がバランスよく含まれているため、より便秘解消に効果が期待できると言われています。

皮をむくだけで簡単に食べることができるため、日々の生活で野菜だけでは食物繊維の摂取量が足りていないと感じている人は、積極的に取り入れてみましょう!

2.代謝アップ

バナナに含まれるビタミンB群は、糖質や脂質の代謝を上げて効率よくエネルギーに変えてくれるため、脂肪がたまりにくく太りにくい体を作ることができると言われています。ほかにも、肌の新陳代謝を上げてターンオーバーを促すことで、キレイな美肌の維持につながります。

3.むくみ防止

バナナにはカリウムも含まれており、その含有量はフルーツの中でもトップクラスであると言います。そんなカリウムは、ダイエット中には欠かせない栄養素として有名ですよね。体内の余分な水分や塩分を体外に排出し、体内バランスを整える働きがあるため、太ってみえがちなむくみの予防や改善に期待ができます。

▶【話題沸騰中?!】管理栄養士が「黒バナナダイエット」のダイエット効果を解説!!

まとめ

ダイエッターにはとっても嬉しい「ナイスクリーム」。いくらダイエット中でも安心して食べることができるからといっても、食べ過ぎは太る原因になるうえに、体を冷やしてダイエット効果が薄れてしまうこともあります。食べる量には気を付けて、工夫して取り入れるようにしましょう。材料も作り方も簡単なナイスクリームを、是非試してみてくださいね☆

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!

  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース