【飲むだけで脂肪がつきにくくなる?!】CMでも話題の「黒烏龍茶」ってなに!?

CMで脂肪をつきにくくする飲み物ということで、よく知られている黒烏龍茶。ダイエット中には取り入れたいものですが、その具体的な効果などはあまり知られていません。そこで今回は黒烏龍茶について詳しくご紹介します!

普通の烏龍茶との違い

烏龍茶には油の吸収を抑える働きがあることで有名ですよね。油が多く使われる中華料理で烏龍茶がよく飲まれているのは、このためだと言われています。烏龍茶には重合ポリフェノールという脂肪の吸収を抑制する効果が期待できる成分が含まれています。この成分を抽出して濃くしたものが黒烏龍茶の正体です。成分の濃度が高いため味も濃い目で少し苦みを感じますが、その分より高い効果を得られると考えられています。

▶【飲んでビックリ?!】「麦茶」が夏の定番となった知られざる理由とは?!

黒烏龍茶のダイエット効果

脂肪の吸収を抑える

食事中に黒烏龍茶を飲むと、脂肪の吸収を抑える効果があることが研究で明らかとなっているそうです。血液中の中性脂肪は食後からどんどん増加します。中性脂肪は生きていくために必要なエネルギー源ですが、この値が高すぎると脂質異常症になり、動脈硬化を引き起こす恐れもあります。食事内容にもよりますが、黒烏龍茶の重合ポリフェノールの働きによって中性脂肪の上昇を抑制できると言われています。

脂肪が付きにくくなる

摂取された脂質は生命維持などに使われますが、食べ過ぎによりエネルギーに変換できなかった脂質が体内に残ってしまいます。黒烏龍茶を飲み続けると重合ポリフェノールが作用して皮下脂肪をつきにくくすることからダイエットにも効果が期待できるといわれています。


▶【飲むだけで脂肪を落とせる!?】「カテキン」にはものすごいパワーが秘められていた?!

黒烏龍茶を飲むベストタイミングや注意点

黒烏龍茶は脂肪や油の吸収をセーブしてくれることから、食事前や食事中に飲むのが効果的だと言われています。1回に飲む量は350ml程度を目安に、1日1~2回自分の体調に合わせて飲むのがオススメです。個人差はありますが、たくさん飲み過ぎると胃痛、吐き気、下痢などを招く場合もあると言われているので、飲み過ぎには注意しましょう。
特に、中華料理や焼き肉など油をたくさん使った食事をするときに飲むとより効果を期待できます。カフェインは空腹時に飲むと胃を荒らしてしまうことがあるため、昼食や夕食のタイミングで飲むと良いでしょう。

いかがでしたか?

黒烏龍茶を使ったダイエット方法は、若い女性だけでなく中年や年配の男性にも手軽でオススメできる方法です。お酒の席が続くなど、食生活が気になり始めたら、それは黒烏龍茶を取り入れる絶好のタイミングかもしれませんよ!しかし、効果には個人差があります。毎日規則正しく3食の食事することを意識しながら、ダイエットをしてみてくださいね。

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!

  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース

Узнайте про интересный сайт на тематику Btc-Farm hyip.
webpage developement

best-cooler.reviews