【やせにくいと感じている人へ!】ちょっとの工夫で健康的にスルスルやせる秘策とは?!

年齢を重ねていくにつれて、やせることが難しくなるダイエット。代謝も落ちるので体重も若い時のように簡単には落ちてくれません。健康の為にもダイエットをしたいのに途方に暮れてしまいますよね。そこで今回は、50代のダイエットで注意する点と対策をご紹介!

ストレス

食べることが好きな方は、食事量を減らそうとすると特に大きなストレスになってしまいますよね。ダイエットの天敵とも言えるこのストレスを溜めない為にも、極端に食事量を減らすといったことは避けましょう。ストレスを感じると糖分が欲しくなることもあるので、ダイエット中のストレスには気を付けたいところです。

ストレスをに対抗するには…

ストレスに強くなるためのカギになるのが「セロトニン」です。セロトニンは別名幸せホルモンとも言われ、私たちの精神状態に深く関わっています。ストレスなどによってセロトニンの分泌が減少すると、過食や不眠等を招く危険性が考えられます。このようなことを防ぐためにも、セロトニンの分泌を促すことが大切と言えますね。セロトニン分泌を促す方法としては、「太陽に当たるようにする」「適度な運動を行う」「深呼吸をする」「適度な休息をして体を休める」などの対策があります。

▶【1日10回でOK!】深呼吸するだけでぺたんこお腹になれるって本当だった!?

食生活

血糖値は食事の影響を受けやすく、基本的には食事をすると血糖値は上昇します。この血糖値が急上昇してしまうとインスリンが大量分泌され、分解しきれなかった余分な糖は脂肪として蓄積されてしまうので太りやすくなると考えられています。

食べる順番を心がける

血糖値の急上昇を防ぎ緩やかにするには、食事中の食べる順番に気を使ってみましょう。まずは野菜や汁物を先に食べてから、ご飯やお肉などのおかずを最後に食べるように心がけることで、血糖値は緩やかな上昇になります。また、食材を低GI食品にするのもおすすめです。この他にも、ダイエットの為に朝食を抜く方がいますが、それは逆効果になる場合があります。朝食を食べない空腹感から、間食してしまったり、次の食事でエネルギーをため込みやすくなってしまうからです。朝食をしっかりと摂り、昼、夜を調節するように心がけましょう。

運動

若いころと同じ運動量や食事調整をしてもなかなかやせないと感じている方も多いはず。これは年齢を重ねるにつれて代謝機能が低下することが関係しています。そのため、50代のダイエットにはバランスのとれた食事にプラスして、適度な運動を心がけると効果的です!

生活に取り入れやすい運動をしよう

50代は基礎代謝が低下するため、基礎代謝アップのために筋力トレーニングがおすすめです。椅子に座ってできるスクワットやテレビを見ながらゆっくりとダンベルトレーニングなど、無理のない範囲で行うように心がけましょう。筋トレと一緒にストレッチや有酸素運動などを行うと、よりダイエット効果がアップしますよ。

▶【運動初心者でも簡単すぎる?!】「イス」と「スクワット」で驚きの効果が?!

最後に

50代から始めるダイエットは、絶対に無理をしないということがポイントです。短期間ではなく、長期的にみて健康的にやせるようにすると楽しく続けられるのではないでしょうか。ぜひ今回ご紹介したことを心がけてみてくださいね。

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!

  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース

там kls-agency.com.ua

на сайте topobzor.info

У нашей фирмы популярный сайт , он рассказывает про http://xn--e1agzba9f.com/.