【ぽっこりお腹が簡単に解消?!】「ゆず」を使ったダイエット方法がすごい?!

爽やかな香りと適度な酸味が、料理に豊かな風味を加えてくれる「ゆず」。香りにリラックス効果もあることから、湯船に浮かべるなどして「ゆず湯」としても昔から親しまれていますね。そんなゆずの魅力についてご紹介します。

ゆずの基本情報

ゆずは柑橘系のひとつで、ミカン科ミカン属に分類されます。ゆずの木は、寒さに強く育てやすいうえに寿命が長いことが特徴です。ゆずがお店に並び始めるのは、青く若いゆずだと7~10月頃、完熟した黄色いゆずは10~12月頃です。夏の初めから冬の間が旬の果実と言えるでしょう。

▶【脂肪燃焼!疲労回復!】知られざるグレープフルーツの栄養効果がスゴイ!?

ゆずに含まれる成分と期待できる効果

美肌効果

ダイエット中は特に食事制限などで栄養バランスが崩れがちなため、肌トラブルや免疫力低下を招くこともありますよね。そんな時はゆずを食べるといいでしょう。ゆずには含まれるビタミンCは、美肌作りに役立つほか、免疫力を高めたりストレス対策に効果が期待できます。ちなみに、ゆずの皮には果汁のおよそ4倍ものビタミンCは含まれると言われています。そのため、皮ごと食べるとより効果的ですね。

便秘の解消

ゆずにはペクチンという食物繊維が豊富に含まれています。ペクチンは腸内で善玉菌のエサとなることにより腸内環境を整えて、便秘の解消に役立ちます。便秘の解消はダイエットにおいても重要であることから、嬉しい効果と言えるでしょう。

ゆずの香り成分がスゴイ

柑橘系の果物の皮に含まれる香り成分のリモネンには、リラックス効果があるほか、交感神経を刺激し血行を促すと言われています。そのため、代謝や消化活動を活発にさてダイエット効果を期待することができると言われています。

▶「グレープフルーツ」の香りはダイエットに効果的だった!

ゆずの成分をまるごと摂るならゆず茶がおすすめ!

ゆずの成分を余すことなくまるごと食べたいなら、「ゆず茶」がおすすめです。ゆず茶は、ゆずを砂糖漬けにしたペースト状のものをお湯や冷たい水で割って飲むのが一般的です。今は「ゆず茶」としてスーパーなどでも一年中手に入れることができます。自宅で作る場合は、ダイエットの観点から砂糖の代わりに、整腸作用のあるオリゴ糖や不足しがちな栄養補給のためにはちみつを使うのも良いでしょう。また、ゆず茶を飲む際には体の代謝を促進するために、冷たいものよりもお湯割りにしたものをおすすめします。その他にもゆずの皮を入れた「ゆず味噌」や、マーマレードにしてヨーグルトと一緒に食べてもいいですね。いくらダイエットに効果が期待できるからといって、食べ過ぎは太るもととなります。適量を心がけてダイエットを楽しみましょう。

まとめ

いかがでしたか?美肌や便秘解消、リラックス効果も期待できるゆずは、ダイエットの強い味方になってくれる果物です。また、日本では昔から元気に冬を越すためにも、冬至の日にゆず湯に入る習慣があります。これは、冷え性の軽減や風邪のひかない体づくりに大いに役立っているからだと言えるでしょう。今回ご紹介したことを参考に、是非ゆずを活用してみてくださいね。

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!

  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース

www.avrora-trans.com/services/oversized_transportation/Dlinnomery_beams_metal

источник etalon.com.ua

www.pureshop.com.ua