【食べればやせる?!】食事制限の必要なしのダイエット方法って??

ダイエット中は好きなものを我慢しなければならないと思っていませんか?実は食べることが好きな人でも実行できる、食べてもやせるダイエット方法があるのをご存じでしょうか。チョットだけ工夫すれば食事制限もせずにダイエット効果が期待できます!

食べないダイエットを続けると…

早くダイエットの成果を出したいからと、食事を極端に減らしたり自分が食べたいものを我慢したりすると、ストレスがたまりリバウンドや挫折を招いてしまう可能性があります。そんなことになってしまっては、せっかくの努力も水の泡となってしまいますよね。そこでおすすめしたいダイエット方法が、普段の食事を無理しない程度で工夫して行う「食べながらやせる」方法です。ちょっとしたことを意識するだけで、食べながらでもダイエット効果を実感することができると言われています。

▶【食べていないのに太るのはなぜ?】管理栄養士が徹底解明!原因はココにあった?!

食べ方を工夫する

食べる順番で太りにくくなる

まず最初に食べるものはスープなどの汁物やサラダなどの野菜が多い料理を食べましょう。汁物や野菜を最初に食べることでお腹の中で膨れるため満足感が得られ、食べ過ぎを防ぎます。さらに、野菜は食後の血糖値の上昇を緩やかにして余分な脂肪が体につくのを抑える働きをするので、ダイエットには効果的です。次に魚や肉などのたんぱく質が多い料理を食べて、最後にご飯やパンなどの主食を食べましょう。この順番で食べることにより太りにくくなると言われています。早くやせたいからと言ってご飯ものや肉などを全く食べないのは逆効果です。栄養バランスが乱れ体調を崩しかねないので注意しましょう。

満腹感を得よう

食事の順番を変える以外にも満腹感を得る方法があります。その方法はよく噛むことです。目安として1口食べるごとに30回程度噛むことが理想的です。噛むことにより唾液が分泌され、脳にある満腹中枢が刺激されます。そうすることで少ない量でも満足しやすくなると言われています。早食いの習慣がある人や噛む回数が少ない人は、硬めで歯ごたえのある食べ物を選ぶことにより自然と噛む回数が増え、早食いの改善が期待できます。

食事内容を工夫する

この方法は、1日3食のうち2食はしっかりと摂り、1食を低カロリーな食事に置き換えます。例えば白米を食物繊維やビタミン類が豊富な玄米などに置き換えたり、脂肪分の多いお肉を、低脂肪で低カロリーなささみ肉に置き換えたりと、工夫によってダイエット効果は高くなるでしょう。また、昼間に仕事をしている人は朝と昼にしっかりとした食事をして、寝る前の夜の食事を置き換えるのがおすすめです。自分の生活に合わせて置き換えを実行していきましょう。

▶【ダイエット中の万能食材】お肉を食べるならやっぱりこれ!!

適度な運動もしよう

食べながらやせるダイエットには、適度な運動も重要です。食べ物を工夫することに加え、さらに運動でエネルギーを消費すれば、よりダイエット効果が期待できますよ。食べ過ぎたと感じたら運動を増やすなど、食事量に合わせてウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を取り入れてみるといいでしょう。

いかがでしたか?

ダイエットで極端な食事を制限するとストレスになり失敗してしまうこともあります。しかし食べながらダイエットをすることで、健康的にやせるだけではなくリバウンドしにくい体づくりにも繋がると言われています。食べ方や食事内容を工夫して、無理せず食べながらやせることを始めてみましょう。

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!

  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース

www.babyforyou.org/cn/services/for-genetic-parents/

best-products.reviews

cialis generika rezeptfrei