【ぷよぷよお肉&脂肪を燃焼!】1回5分でもOK!「エア縄跳びダイエット」の効果がスゴすぎる!!

お腹周りの無駄な贅肉や脂肪にお悩みの方は多いと思います。そんな方には、室内で手軽にできて、道具もお金も必要なく、運動音痴でも楽しく行える「エア縄跳び」がおすすめです。今回は、エア縄跳びの嬉しいダイエット効果や正しいやり方、注意点について詳しくご紹介していきます!

やせるエア縄跳びの正しいやり方とは?

エア縄跳びとは、名前通り縄跳びをしているフリをする運動方法です。
実際に縄は使わないため、運動音痴で縄跳びが苦手な方でも、楽しく行うことができるのが魅力のひとつです。また、その場でジャンプをするだけなので、屋外など広い場所で行う必要がありません。天候に左右されることなく、いつでも気軽に室内で行うことができます。

エア縄跳びの飛び方はコレ!

エア縄跳びの方法は、まず、腕は通常の縄跳びを持つように構えます。そしてジャンプをするときに、通常の縄跳びと同様に腕を回します。この時、腕の位置を固定して、肘から下を回すことを意識して行うといいでしょう。

ジャンプの方法は、大きく飛ぶのではなくつま先だけで細かい連続ジャンプを行うようにしましょう。慣れてきたら飛びながら、ウエストを左右にひねってみると、くびれ作りに効果が期待できますよ。

時間の目安

エア縄跳びは、合計で1日20~30分程度になることを目標にすると良いでしょう。無理に連続して長時間続けなくても、ダイエット効果がなくなるわけではありませんので安心してください。日々の積み重ねが、ダイエット効果として表れます。そのため、例えば1回5分を朝昼晩に分けて行って1日の合計が20分程度になるようにするなど、毎日続けられるような自分に合ったペースを見つけましょう。

エア縄跳びの3つの嬉しいダイエット効果

1.全身の脂肪燃焼に効果が期待できる

有酸素運動のひとつであるエア縄跳びは、酸素を取り込むことにより糖質や脂肪を燃焼させることができると言われています。さらに、飛んでいるときにウエストをひねりながら行うことで、お腹周りの筋肉を刺激できるので、お腹周りの脂肪や贅肉を落として憧れのくびれをゲットできるかもしれません。

慣れてきたら時間を増やそう!

ジャンプすること、脚や体幹の筋肉を鍛えることができると言われています。そのため、下半身が引き締まって美脚を目指すことができます。また、筋肉を鍛えることは、代謝アップにつながり、さらに脂肪燃焼効果をアップさせるので、より効率的に太りにくくやせやすい体質を作ることができるでしょう。

3.憧れの美ボディを作れる

エア縄跳びでは、縄を回すフリをするときに腕を回して腕の筋肉を使うため、二の腕の引き締めにも効果を期待できます。さらに、連続ジャンプをするためには、体がぶれないように体全体のバランスを保つことは欠かません。この結果、エア縄跳びを行っているだけで、自然と腹筋や背筋、体幹の筋肉の強化につながり、ぽっこりお腹の解消、姿勢改善、肩こり解消などの効果にも期待ができます。

▶【全身に効果絶大!】今大人気!「バーピージャンプ」でやせる3つの秘密とは?

注意点も知っておこう!

体調と相談しながらおこなうこと

ジャンプは、想像以上に脚や腰に負担がかかることがあります。体重が重ければ重いほど、その負担は大きくなります。そのため、自分の体重や、自分の脚や腰の体調を把握したうえで行うようにしましょう。痛みを感じていなくても、いきなり長時間のジャンプは身体の負担となることがあるため、短時間ずつ様子を見ながらチャレンジしてみてくださいね。

▶【女性特有の悩みダントツ1位?!】たったの5分でバストアップを叶える筋トレ方法って?

跳び方

エア縄跳びは、胸が大きくゆれる運動です。そのため、胸の中で乳腺と皮膚や筋肉をつなぐ役割をしているクーパーじん帯が伸びてしまったり、切れてしまう可能性があります。そうなると、垂れてきたり、広がってくるなど、美胸をキープできなくなってしまうかもしれません胸が垂れないようにするためには、スポーツブラを着用して行うことをおすすめします。

まとめ

いきなりエア縄跳びをはじめるのではなく、やせるために知っておくべきことを熟知した上で行うことで、よりダイエット効率が高まります。最初は短時間でも毎日続けていくことにより、体への変化を感じられるはずです。特別必要な物もなく、どこでも気軽にできるエア縄跳びダイエットをぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか♪

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!

  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース

https://dxtranss.com.ua

https://buysteroids.in.ua

alt-energy.in.ua