【やっぱりダイエット効果がすごかった?!】「豆乳」を飲むとやせる理由って!?

豆乳はヘルシーで体に良いというイメージがありますが、実際のところはどうなのでしょうか?豆乳がなぜダイエットに向いているのか、含まれる成分や効果的な飲み方などの側面からご紹介します。豆乳を上手に取り入れ、健康的なスリム体型を目指しましょう!

ダイエットに効果的な4つの栄養素

大豆イソフラボン

女性ホルモンのエストロゲンはストレスや加齢に伴い、分泌バランスは崩れがちに。しかし大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと似ている働きをします。
そのため、エストロゲンの低下ともにおこりやすい骨粗しょう症の予防などにも効果が期待ができます。

大豆たんぱく

健康的に、美しくやせるカラダづくりに必要な栄養素の一つがたんぱく質です。たんぱく質には植物性と動物性の2種類があり、大豆には植物性たんぱくが豊富に含まれます。大豆は低カロリーなうえに筋肉の材料になるたんぱく質が含まれているので基礎代謝を活発にする働きが期待でき、さらにはコレステロール値や内臓脂肪などを減少させる効果が期待できます。このため、ダイエットにも効果が期待できると言われています。

サポニン

サポニンは、脂肪の蓄積を抑える効果が期待できます。また、サポニンの持つ抗酸化作用により、アンチエイジング効果が期待できます。

レシチン

レシチンは血中コレステロールの低下などに繋がり、生活習慣病の予防に効果的と言われます。

食べ過ぎ、無駄な間食を防ぐ!

大豆たんぱくには基礎代謝を活発にする機能があります。さらに、腹持ちが良いので満足感を得やすくで、スナック菓子やチョコレートなどのお菓子を食べ過ぎないように予防することにも繋がります。

便秘解消にも効果的!

豆乳には食物繊維に加えて、大豆オリゴ糖が含まれます。この大豆オリゴ糖は腸内細菌のエサとなり善玉菌を増し、腸内環境を整えることに繋がります。それによって、老廃物の排出に役立ち便秘の解消に期待ができます。

豆乳でダイエットの効率をアップさせるポイントとは?

生理の時にもおすすめ!

体重の増減にホルモンバランスが深く関わっていると言われます。生理前になるとエストロゲンが減少し、黄体ホルモンであるプロゲステロンが増加します。プロゲステロンは妊娠や出産に備えて体に栄養をため込む働きをします。この結果、体重の増加が見られる場合も…。そのため、生理期間中に豆乳を取り入れることでホルモンバランスの変化が緩和されていると認識し、精神不安が軽減され過食も抑えられるようになるのです。

飲む量について

大豆イソフラボンが含まれる豆乳を一日あたりで、飲むべき量は決まっているのでしょうか?答えは、とくに制限はないと言われています。一般的に推奨されるのは1日当たり200mlを1~3回にわけて飲む範囲で摂取するといいとされているそうです。豆乳が優秀な飲み物だからといって、そればかり飲んでいるのはNGです。食事のバランスを考えながら飲むようにしましょう。

参照・参考:日本豆乳協会
(http://tounyu.jp/about/QA.html)

ダイエットしながら美肌効果も期待できる?!

豆乳には美肌に嬉しい栄養素も豊富!

豆乳には、レシチンやサポニン以外にも、「美容ビタミン」と言われているビタミンB群がたっぷり含まれています。また、レシチンにはストレスや加齢によって乱れがちな、肌が生まれ変わるサイクルを正常にする働きがあると言われています。そしてサポニンの抗酸化作用がお肌の老化を防ぎ、細胞を若々しい状態に保つ効果に役立ちます。


ダイエットしながら美肌効果も期待できる豆乳。続けて飲むだけで、優秀な美容習慣まで身につく優れものです。ぜひ毎日の食事に取り入れてみてくださいね。

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!

  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース

baden-medservice.com

online pharmacy canada

best-cooler.reviews