【寝る前の○○○がダイエット成功ポイント?!】あなたは大丈夫?ついついやりがちなあの行動を改善!

【寝る前の○○○がダイエット成功ポイント?!】あなたは大丈夫?ついついやりがちなあの行動を改善!

満腹状態で睡眠をしている方は、ダイエットが成功しにくい傾向にあります。満腹状態で睡眠をするとカラダに脂肪を蓄積しやすくなり太りやすい体質になってしまうのです。今回は、その仕組みやダイエットを成功させるための睡眠の取り方についてご紹介します。

満腹状態で睡眠するとどうなる?

満腹状態とは、食べ物が蓄積されて胃が膨張し、もうそれ以上何も食べられないと感じている状態のことを言います。さらには、食事によって血糖値が上昇し、満腹中枢が満たされている状態です。

満腹状態での睡眠は成長ホルモンの分泌にも悪影響

睡眠時、特に熟睡時には成長ホルモンの分泌が盛んになります。成長ホルモンには新陳代謝促進や、エネルギー代謝のアップに効果が期待できます。代謝が良くなることで、エネルギー消費が促進されることからダイエット効果を期待することが可能です。
しかし、満腹状態で眠りにつき、成長ホルモンの分泌量が減少してしまうと、エネルギーの消費効率が悪くなってしまいます。また、その結果血液の流れが悪くなったり、自律神経のバランスが乱れやすくなることもあり、代謝が低下します。これによってもダイエットの結果が出にくくなってしまうのです。

ダイエットを成功させるためには?

食事は睡眠の3時間前に終わらせる

満腹状態で眠りにつかないようにするためにも、食事は睡眠の3時間前に終わらせましょう。3時間あれば、寝る頃には胃や腸の消化・分解活動も落ちつき血糖値も正常の範囲内になっている頃なので、熟睡しやすくなり、睡眠によるダイエット効果を期待することができます。

規則正しい生活を

ダイエット効果をもたらしてくれる成長ホルモンは深夜0時~2時ごろに分泌されやすくなります。この時間帯に熟睡していれば、より成長ホルモンの分泌が促進されてダイエット効果を得やすくなるため、規則正しく早めに熟睡できるように心掛けましょう。寝る数時間前は、スマホやテレビを見ない、寝心地の良い寝具に変えるなどして、快適な眠りにつきやすくするための工夫を行うことも大切です。


ダイエットがなかなか成功しないという方は、今回ご紹介した内容をもとに、食事の時間帯や食事の量、睡眠の質などを是非見直してみてください。成長ホルモンの働きで、痩せやすい体質をGETできるはずです。

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!
  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース

Наш авторитетный web-сайт про направление proffitness.com.ua.
baden-medservice.com