【ダイエット必勝法?!】知っておきたい「やせ期」を活用したダイエット方法って?!

女性はダイエット成果が出やすい「やせ期」があると言われています。逆にダイエットをしても、やせにくい時期もあるようです。その周期を知ることが、ダイエットを成功させる鍵になるかもしれません。今回は女性特有のやせ期についてご紹介します。

「やせ期」って、いつ?

ダイエットするときに知っておきたいのが、やせやすい時期とやせにくい時期についてです。その理由として毎月、生理の関係でホルモンが関与しているためです。まずは、生理前の体の状態から知っておきましょう。

生理前の体

生理前は体が栄養や水分を溜め込もうとしたり、便秘になりやすい傾向にあります。これは、プロゲステロンという黄体ホルモンが増え、受精を着床させようとすることで起こります。この時期は、黄体ホルモンの影響を受け体重の増加もしやすくなる傾向があります。
しかし、この時期のむくみなどは一時的なものと言われています。生理前はイライラしやすかったり食欲が増したりするので、ストレスを溜めこまないことや食べ過ぎには注意しましょう。

■【知っていればスルスルやせる?!】「やせ期を逃さない」ためのダイエットテクニックとは?!

生理後の「やせ期」

「やせ期」の体の状態

生理が始まった日を1日目とカウントして7日目までを生理期間(生理が7日間続いた場合)、その後8日目から14日目が排卵日となるのですが、これが「やせ期」と言われる期間です(生理が28周期の場合)。やせ期には卵胞から分泌されるエストロゲンが増え、新陳代謝が活発になり、溜め込んでいた水分などの排出が促されると言います。そのため、ダイエットには向いているやせやすい時期となります。

エストロゲンと脂質代謝

エストロゲンは生理の終わり頃から増え、排卵直前に分泌量のピークを迎えます。エストロゲンは卵胞ホルモンとも呼ばれ、妊娠や出産といった働きだけでなく、女性らしい体をつくったり、生理前に溜め込んだ余分な老廃物を排出したり、自律神経にも影響を与える言われています。
また、エストロゲンは脂質の代謝にも関係があります。肝臓で代謝されるコレステロールや中性脂肪の代謝量を増加させる働きをするため、このエストロゲンの分泌量が多い時期には体重コントロールもしやすくなるようです。

■【その食欲は錯覚かも?】どうしても止まらない食欲を抑える方法とは?

やせ期の過ごし方

やせ期に心がけること

エストロゲンの優位なやせ期は、最もダイエットに向いている時期と言えます。この時期は、運動やエクササイズを積極的に行っていきましょう。普段より多めに歩いたり、エレベーターではなく階段を使ってみるなど、日常生活でも運動量をあげるよう心がけることで脂肪燃焼も促されるでしょう。

ストレスを溜めない

ホルモンバランスを保つためには、ストレスを溜めないことが重要となります。運動や入浴など、自分に合ったストレス発散法を見つけてストレスをを溜めこまないように心がけましょう。

やせ期を活用してダイエット成功へ

生理後から排卵にかけては、やせやすいホルモンであるエストロゲンが多く分泌されることがわかりましたね。この生理周期の「やせ期」を上手に味方につけて、賢くダイエットをしましょう。せっかくのやせやすいホルモンのバランスを崩さないよう、3度の食事は栄養バランスを考えてしっかりと摂取し、余分なカロリーの摂取にも繋がりやすいお菓子類を控えることも大切です。

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!

  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース

https://vy-doctor.com.ua

www.exstraeconom.kiev.ua

Вы можете https://steroid.in.ua у нашего менеджера.