【おやつを制する者がダイエットを制す!?】理想的なおやつの選び方とは?

食事と食事の間隔がひらくと、どうしてもおやつを食べてしまいますよね。おやつを我慢すると、空腹でイライラとして仕事がはかどらない方も多いのではないでしょうか。今回は、おやつと血糖値の関係についてご紹介します。

血糖値がダイエットと関係していた?!

食事をすると、食品に含まれる糖質が血液中に流れ、血糖値が上昇します。血糖値が上昇すると、血糖値を下げる働きをするホルモンのインスリンが分泌されます。インスリンは、血糖値を一定に保つ役割を担っています。血糖値が急激に上昇した場合、インスリンも大量に分泌し、糖を体にため込むように作用するため、肥満になりやすくなってしまうと言われています。また、糖尿病などの生活習慣病のリスクも上昇する可能性があるため注意が必要です。

おやつと血糖値の関係

様々な種類のおやつがありますが、スナック菓子やチョコレートなど血糖値が上昇しやすいものもあります。そのため、血糖値を上昇させないためには、おやつは控えたほうが良い、食べない方がいいなどもダイエット中の方は考えがちです。
しかし、普段からおやつを食べている方が急に一切のおやつを食べるのをやめようとすると、ストレスが溜まり、かえって暴食を招く原因にもなりかねません。

■【太りたくないアナタは今すぐチェック】おやつにおすすめ!管理栄養士推奨の食材をご紹介!

血糖値が上がりにくいおやつの選び方

食品を上手に選べば、血糖値の急上昇を防ぐことは可能です。ポイントは、糖質の低い食品や食物繊維が豊富なもの、低GIの食品を選択することです。

糖質の低い食品や低GIの食品

血糖値を上げにくいおやつにおすすめなのが、チーズやナッツ類です。どちらも手軽に食べられるためおやつには向いています。しかし、どちらもカロリーは低くないので食べる際には、量や頻度を守って取り入れるようにしましょう。ナッツ類は無塩のものを選ぶようにしましょう。
また、無糖ヨーグルトも比較的糖質が少なく、低GIの食品です。甘さがほしいときにはフルーツをプラスして食べたりするのもおすすめです。

全てのおやつがダメなわけではない

血糖値の上昇を抑えたい方は、ぜひ糖質の低い食品や低GIの食品を選択するように心がけてみましょう。おやつは絶対に食べてはいけないわけではなく、こういった食品を上手に取り入れることでかえって不足している栄養素を補ったりすることができるのでおすすめできる場合もあります。ただし、いくら健康的にやせられるからといってカロリーの摂り過ぎはかえって肥満の原因にもなりますので気を付けてくださいね。また、糖尿病や糖尿病の疑いがある方は自己判断に頼らず、医師や管理栄養士の指導の元で食事を摂るようにしましょう。

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!

  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース

www.dmi.com.ua/models/auto/pilot

Этот популярный веб сайт с информацией про Mining Invest Group хайп.
У нашей организации классный блог с информацией про продвижение сайта в интернет.