意外に知らない怖い事実!便秘の薬を飲むと腹痛が起こる原因は?

便秘の薬を飲むと急激に腹痛が起こることってありますよね。あの症状、実は結構危険なのです。「これは薬を飲む上で仕方のないことだから」と妥協している方は要注意。最終的には更に便秘が悪化し、自分で排便ができなってしまうことにもつながりかねません。

便秘の薬を飲むと腹痛が起こるのは何故?

便秘の薬には数種類ある

便秘の薬には、刺激性や膨潤性などの種類が存在します。刺激性の薬では、大腸や小腸に刺激を与えて、腸のぜんどう運動を無理やり引き起こさせることで、便の排出を促します。膨潤性の薬では、便に水分を与え、便を軟らかくすることで、便の排出を促す効果が期待できます。

参照:エスエス製薬「便秘薬の種類と選び方」
(http://www.ssp.co.jp/condition/constipation/medicine/)

腹痛を引き起こすのは刺激性の薬

これらの薬のうち、腹痛を引き起こすのは刺激性の薬といわれています。
薬を飲んだ後に起こる腹痛は、薬が大腸や小腸に無理やり刺激を与えているために起こる痛みともいわれています。

薬を習慣的に飲むとどうなるの?

薬が効かなくなる

薬を習慣的に飲み続けていくと、薬の作用にだんだんと腸が慣れてきてしまい、薬が効かなくなっていく可能性が高くなるといわれています。効果が出ないことから、用量・用法を無視して薬を大量に飲んでしまうことにもなりかねません。

■毎朝快腸!腸活マッサージでダイエット

自分で便が排出できなくなる

また、薬を習慣的に飲み続けていくと、自ら腸の蠕動運動を引き起こす力が弱まってしまい、自力で便を排出することができなくなります。こういった理由から、薬を飲み続けていくと、便秘の悪化につながってしまうかもしれません。

薬に頼らず食事から便秘を解消しよう

乳酸菌が多く含まれる食品を摂取する

ヨーグルトなどの乳酸菌が多く含まれる食品を積極的に摂取すれば、腸内に善玉菌を増やすことができ、腸内環境の正常化を図ることが期待できます。腸内環境が正常化すれば、水分を含んだ柔らかい質の良い便が出やすくなり、便秘の解消につながるでしょう。

食物繊維が多く含まれる食品を摂取する

野菜や果物に含まれる食物繊維は、腸に適度な刺激を与えてくれます。その結果、腸の蠕動運動が起こりやすくなるので便の排出が促進され、便秘の解消につながるかもしれません。このほか、食物繊維は腸内の有害物質を吸着してくれたり、善玉菌を増やしながら悪玉菌を減らしてくれたりもするので、腸内環境の正常化の効果も期待できるでしょう。


どうしてもの時に便秘薬を活用するのも良いですが、まずは便秘の改善は規則正しい食生活からです。使用量や使用頻度を正しく守ってくださいね。

【メルマガ登録者限定】7日間ダイエット講座!

15万人が読んでいる、ダイエットプラスの無料メールマガジン

現在、ダイエットプラスのメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【7日間ダイエット講座】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるならダイエットのプロのアドバイスが一番! 読むだけでダイエットに!

その他、話題のダイエットニュースや、管理栄養士の考えたヘルシーでバランスのよい献立なども受け取れます。

5秒で簡単!メルマガ登録

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!

  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース

bestseller.reviews

https://bestseller.reviews

читать дальше biceps-ua.com