【食べ過ぎた翌日の帳消し食に!】今大人気の「おからこんにゃく麺」がおすすめな理由って?!

年末年始に向けて体重を減らしておきたい10~11月ですが、食欲の秋でなかなか思い通りに痩せられない!新米やお芋など炭水化物が特別に美味しい~。とついつい食べ過ぎることも。そんな時の調整メニューに【おからこんにゃく麺】はいかが。スーパーで簡単に揃う材料でアレンジメニューをご紹介します。

まずはおからとこんにゃくそれぞれのダイエット成分をおさらい

おから

おからは食物繊維大豆が主原料。豆乳を搾った残りかすです。しかし残り物には福があるという通り、便秘の改善や腸内環境を整える食物繊維が豊富。大豆のたんぱく質や女性に嬉しいイソフラボンも含まれています。脂質やエネルギーが少ないから、お料理のカサ増しにもなり、ダイエットにもお財布にも嬉しい食材です。

こんにゃく

こんにゃくは便秘の予防や改善が期待できる、おなかのお掃除食材。ヒトの消化酵素で消化されない食物繊維が凝固した食品なので、カロリーはほとんどありません。おなかに長くとどまっているから満腹感が持続して、血糖値の上昇を緩やかにすることで糖質の吸収もゆっくりになります。

それでは、おからこんにゃく麵って何?

その名の通り「おから」と「こんにゃく」で作られています。おからが入っていることで麺に近い食べごたえがあります。そうめん風に食べるなら水洗いだけでOK。温かくして食べるなら水洗いしてめんつゆや昆布茶、中華だしなどでさっと煮るだけで食べられます。

気になる栄養成分は?

スーパーやコンビニで販売している「おからこんにゃく麺」の成分は1袋180g当たり

■エネルギー:35kcal
(市販のゆでうどんは231kcalだから、約200kcalセーブ)
■食物繊維:11.7g
(レタスに2個分の食物繊維)
■たんぱく質:2.4g
■糖質:0g
(麺なのに糖質ゼロはスゴイ!)

ダイエットにおススメの食べ方は?

たんぱく質食品を加える

糖質は制限しても、身体をつくり、身体を熱くしてエネルギー代謝を高めるたんぱく質は1日3回、毎食補いたいものです。そこで忙しい時など調理いらずのカニカマやサラダチキンをこんにゃく麺にプラスして攻めのダイエットを!

歯ごたえのある具材を加える

麺類はツルツルした喉ごしが身上ですが、食べごたえがないところがダイエットにはたまにキズ。すこで歯ごたえのあるものをプラスしましょう。大豆モヤシやニンニクの芽、ナッツを刻んだものや海藻類など。モヤシやニンニクの芽はレンジで調理ができるから簡単なところもいいですね。

まとめ

最近ではコンビニやスーパーでも見かけるようになった「おからこんにゃく麺」。エネルギーは低く抑えつつ、不足しがちな食物繊維を補い、たんぱく質も含まれているところ。そうめん風、うどんやフォー風、パスタ風とアレンジの幅が広いところも楽しめます。
おからとこんにゃくは、おなじみダイエット中のお助け素材。そんなおからとこんにゃくのいいとこどりのハイブリット麺。美味しく食べるダイエットアイテムに「おからこんにゃく麺」加えてみてはいかがでしょう。おすすめです。

【メルマガ登録者限定】7日間ダイエット講座!

15万人が読んでいる、ダイエットプラスの無料メールマガジン

現在、ダイエットプラスのメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【7日間ダイエット講座】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるならダイエットのプロのアドバイスが一番! 読むだけでダイエットに!

その他、話題のダイエットニュースや、管理栄養士の考えたヘルシーでバランスのよい献立なども受け取れます。

5秒で簡単!メルマガ登録

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!

  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース

Наша организация предлагает best-mining.com.ua в любом городе.
У нашей компании популярный веб портал про направление designprof.com.ua.
http://www.a-diplomus.com/