【食べた方が痩せる?!】ダイエット中は「間食」をしてラクして痩せよう◎

間食はダイエットにおいてNGだと思っていませんか?実は違うんです。適度に間食を取り入れて満腹感を感じていた方がやせやすくなると言われています。そこで今回はおすすめのおやつを紹介します。意外にも、チーズやチョコ、甘酒も間食にはピッタリなんですよ!

間食はダイエットの味方!?

間食でやせ体質になる?

欧米で発表された研究で、1日を通して間食を食べる回数が多い人ほど、摂取カロリーが低く、やせ体質であるといった報告がありました。

間食とはおやつにも該当しますが、おやつは「御八つ」とも書き、時間で表すと午後2時から午後4時までを指すと言われています。これは江戸時代の言葉である「八つ時」からきています。食事間の空腹を満たして満腹感を得るために食べられていた軽食が、「おやつ」として呼ばれるようになり、基本的に時間の指定なく食事間に食べるものを指すようになりました。

江戸時代では果物や煎餅、餅や団子などを食べていたと言われています。その時代からエネルギー補給としておやつを食べる習慣があったのですね。

3時のおやつは理にかなっていた!

間食というのは食事と食事の間のエネルギー補給です。一般的に「おやつは3時」に食べるイメージが強いですよね。その時間帯に食べるのには、しっかりとした効果があります!

おやつを3時前後に食べることによって、夕食の食べ過ぎを防ぎ、血糖値の急激な上昇を抑えられるため、脂肪の吸収率を下げるという効果を期待できます。さらに、この時間帯が1番太りにくい時間帯でもあると言われています。こうした理由からも、3時頃に食べることが定着したのかもしれませんね。

しかし、20時以降は代謝が落ちてしまうため、脂肪が蓄積されてしまうと言われています。夕食後の間食は極力控えましょう。

▶【選び方を知ってればラクやせ?!】ダイエット向きの「コンビニ食品」ってなに?!

間食におすすめのおやつ3選

チーズ

チーズはとても栄養価が高い食品で、不足しがちなビタミンB2やカルシウムが豊富に含まれています。

ビタミンB2は特に脂肪の代謝を促進する働きがあるため、脂肪が蓄積されにくい体作りに効果を期待できます。また、るカルシウムには歯や骨を丈夫にするという働きのほかにも、脂肪の吸収を抑えて太りにい体質作りにも役立つと考えられています。チーズは乳製品で高カロリーなイメージが強いかもしれませんが、最近ではダイエットにも効果的だということが明らかとなってきているそうです。

チョコレート

チョコレートの原材料であるカカオ。カカオの中にはポリフェノールが豊富に含まれています。チョコレートを食べることによって、ポリフェノールの効能を十分に得ることができると考えられています。しかし、そのポイントはカカオの含有量にあります。効果を十分に得たいのであれば、カカオ含有量が70%以上のチョコレートを選ぶようにしましょう。

カカオに含まれるカカオポリフェノールには強い抗酸化作用があるため、体の老化現象を防ぎアンチエイジング効果があると言われています。ほかにも、血管を丈夫にして血液の流れを促し代謝アップに役立ったり、ストレスを緩和させる効果があると言われています。

甘酒

甘酒は「飲む点滴」と呼ばれているほど栄養価が高い飲み物です。そのため間食として取り入れれば、ダイエット中に不足しがちな栄養補給になり、乱れた栄養バランスを整えてくれると考えられています。

甘酒を選ぶ際のポイントは、米麹から作られている物を選ぶことです。酒麹から作られている甘酒は、糖分をたくさん入れて作られている場合があります。対して米麹には余分な甘味料を加えなくとも自然な甘みがあるため、美味しく飲むことができます。どうしても甘いものが食べたくなった時の代わりに飲めば、満腹感を得られるのではないでしょうか。

▶【1日1杯でOK!】「甘酒」がダイエットに効果的な本当の理由って?!

太らない間食のポイント

①カロリーオーバーに注意!

あくまでも1日3食の食事を基本とし、成人女性は平均的な1日の総カロリー1800kcalの5~10%に抑えましょう。1日100~200kcalが目安です。いくら食事に気を付けていても、間食で食べ過ぎてしまうとカロリーオーバーに繋がります。また、糖質の多いものを摂り過ぎると、エネルギー代謝がスムーズに行われないので、疲れが溜まる原因となります。さらに、代謝が上手くいかなかった糖は脂肪として体に蓄積しやすくなるため注意しましょう。

②ルールを決めよう!

どうしても高カロリーなおやつを食べたい時は、週に1~2回に抑えるなど、ルールを決めると良いかもしれませんね。甘い物は駄目ではなく、脳のガソリンにもなり、
適度に摂ることでリラックス効果ももたらされます。もちろん、ストレス解消のため、ほっこりするためにも上手に食べたいですよね。特に更年期の女性には、エストロゲンというホルモンの減少によって、コレステロールや内臓脂肪がつき易くなるというリスクも。旬の食材や季節のフルーツを使用した低カロリーなおやつは、心も体も満たし、満足感も得られること間違いなし!今は市販のものでも、だいたいはカロリー表示がしてあるので、こまめにチェックしてみると良いですね。

間食ダイエットのまとめ

間食は食べる時間や内容、量に注意すれば、ダイエット中の強い味方になってくれることでしょう。また、間食ができると思えばダイエット中に溜まりがちなストレスも減って、楽しくダイエットが続けられるのではないでしょうか?ストレスを溜めてしまうとリバウンドにもつながってしまう可能性があります。うまく間食を活用して、ダイエットを頑張りましょう!

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!

  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース

dekorde.com

http://www.avtomaticheskij-poliv.com.ua/

engi.kiev.ua