【ダイエットお悩み相談室】ついついやってしまう「もったいない食べ」をやめる方法とは?

【ダイエットお悩み相談室】ついついやってしまう「もったいない食べ」をやめる方法とは?

ダイエットを始めると「この食べ合わせはあっているのかな?」「栄養バランスは大丈夫かな?」「カロリーをとりすぎていないかな?」など悩みがたくさんでてきて、インターネットで検索してもなかなか正しい情報にたどりつかない...と感じることはありませんか? ダイエットは「正しい知識」をもとに行うことが大切です。ダイエットにまつわるお悩み、疑問、質問に、管理栄養士がお答えします!今回は「もったいない食べをやめるには?」という疑問に答えます。

質問内容

菓子パンや甘いものを、必要なくても食べてしまいます…

菓子パンや甘いものがあると、「食べないともったいない」「まだたべれる」などと思い、気付くと食べてしまいます。

また、子どもの食べ残しなどは、捨てるのがもったいないと感じ、自分が食事を終えた後でも食べてしまうので、ついつい食べ過ぎてしまいます。どうしたらいいでしょうか。(30代 女性)

管理栄養士の回答

あなたはどのパターン?

ついつい「食べてしまうパターン」は、決まっています。

・大好きで食べてしまうパターン
・そこにあるからなんとなく食べてしまうパターン
・もったいないから食べてしまうパターン

大きくはこの3種類になりますが、ご自身がどのパターンが振り返ってみましょう。

▶ダイエット中のおやつ選びの3つの秘策

大好きで食べてしまう方へ

大好きなのであれば、本当に食べたい時に、量と時間を守って楽しむようにしましょう。ダイエット中のおやつは昼食後2時間以上あけて16時までの間に、100~200kcal以内で楽しむのが一つの目安です。

なんとなく食べてしまう・もったいなくて食べてしまう方へ

なんとなく食べてしまう、もったいない食べだとしたら、まずは食材を買わないことから始めましょう。お子さんのためでも、お子さんが残しているということは、欲していないということですね。

買い置きはせず、お子さんが欲した時に、お子さんが食べられる量だけ買うようにする、冷凍できるものは冷凍して、次回に残すなど工夫をしてみましょう。

▶【管理栄養士がおススメする】「こんにゃくゼリー」のダイエット方法とは?

3食の食事は食べられていますか?

さらには、菓子パンや甘いものは、食事代わりにしないこともポイントです。

普段のお食事は、1日3回しっかり召し上がれていますか?お腹がすいていると、ついつい食べてしまう上に、食感が軽くあまり噛まないお菓子やパンは、満腹に気づくのが遅くなり食べ過ぎてしまう原因でもあります。つい食べてしまうのは、1日3回の食事が足りていない可能性もあります。

回答者

管理栄養士 高橋香奈

企業での特定健指導や(メタボ健診)、高齢者向けの訪問健康相談などの経験を経て、ダイエットプラスへ。
ダイエットプラスラボでのカウンセリングの他、コラム執筆や書籍監修、テレビなどのメディア出演と、多岐に渡り活躍している。

◆ダイエットするみなさんに一言
これまで、様々な業種、勤務形態の方への減量方法・生活習慣改善方法を提案してまいりました。生活の中で取り入れやすい減量方法を、ご案内することを心がけています。
私自身、美味しい食事をする時間が一番の楽しみです。体重コントロールは一生涯続いていくものですが、好きなものを我慢したり、つらい思いすることは余計なストレスが溜まってしまいますよね。忙しい日々の中でも、無理なく、そして続けやすい減量方法を一緒に見つけましょう!

▶【リバウンドしない!】無理のない「減量ペース」について管理栄養士が解説

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!
  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス
ダイエットアプリについて詳しく見る

ダイエットプラス

カテゴリ別ニュース