【ダイエットお悩み相談室】丼ものでダイエットはできますか?

【ダイエットお悩み相談室】丼ものでダイエットはできますか?

ダイエットにまつわるお悩み、疑問、質問に、管理栄養士がお答えします!今回は「丼ものでのダイエットはできますか?」という疑問に答えます。

質問内容

丼物メインで出来るダイエット方法は?

白米が好きなことから、丼物が多い食事に偏りがちです。
丼物をメインにした食事でも、うまくダイエットできるポイントや方法などあったら教えて頂きたいです。(女性40代)

回答

丼もの食べは太りやすい食べ方!注意しましょう!

まず、丼がダイエットに向かないといわれるのには理由があります。

・普通量がご飯もおかずも1人前よりかなり多い。
・よく噛まずにかきこんで食べるタイプのメニューが多く、満腹感、満足感が得られにくい。
・野菜が不足している。

1人分のボリュームが多かったり、噛まずに食べたり、野菜が不足していることで無意識に太りやすいカラダへシフトしてしまいます。

気を付けるべきことはたったの3つ!

丼ものを楽しみたい場合は、この3つに気を付ければ、太りにくいカラダ作りを目指すことが可能です!

①ご飯は食べる分がこぶし1個分目安になるように残す、もしくは注文時に減らす
②よく噛んでゆっくり食べる
③野菜(緑黄色野菜か、海藻入りサラダがベスト)を追加して、先に食べる

お店に野菜がない場合は、行く前に野菜を一皿食べるか、持ち帰りにしてコンビニでサラダやお浸しなどをセットにするなどで工夫しましょう。

しかし工夫をしても丼メニューはやはり高カロリー、高塩分、早食いになりがちなのは変わりません。そのため、日常的に丼を食べるよりも、大好物メニューはたまに楽しむ程度にするのがダイエット中はおススメです。

白米が食べたい場合は?

白米が食べたいのであれば、定食セットにしてみましょう。
量が把握しやすいほか、野菜の小鉢が付いてくることも多く、おかずも揚げ物や中華ではなく、焼き魚や生姜焼き等よりカロリーが抑えられるものを選ぶと良いですね。

結論!

丼ものは注文の仕方を工夫すべし!

丼ものでも、食べる頻度を考えたり、実際のメニューの選び方次第で、ダイエット中でも取り入れることが可能です。

好きなものを我慢することほど、ストレスがたまることはありません。そのストレスが、返って暴飲暴食につながることも…。
無理なくダイエットが続けられるよう、今回のポイントを参考にしてみてくださいね。

回答者

管理栄養士 高橋香奈



企業での特定健指導や(メタボ健診)、高齢者向けの訪問健康相談などの経験を経て、ダイエットプラスへ。
ダイエットプラスラボでのカウンセリングの他、コラム執筆や書籍監修、テレビなどのメディア出演と、多岐に渡り活躍している。

◆ダイエットするみなさんに一言
これまで、様々な業種、勤務形態の方への減量方法・生活習慣改善方法を提案してまいりました。生活の中で取り入れやすい減量方法を、ご案内することを心がけています。
私自身、美味しい食事をする時間が一番の楽しみです。体重コントロールは一生涯続いていくものですが、好きなものを我慢したり、つらい思いすることは余計なストレスが溜まってしまいますよね。忙しい日々の中でも、無理なく、そして続けやすい減量方法を一緒に見つけましょう!

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!
  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス
ダイエットアプリについて詳しく見る

ダイエットプラス

カテゴリ別ニュース

steroids denver

steroids dallas

steroids phoenix