Notice: Undefined index: HTTP_ACCEPT_LANGUAGE in /var/www/html/core/core.php on line 325
【究極のズボラダイエット?!】「ロイヒつぼ膏」を貼るだけで得られる効果とは? | ダイエットプラス- affmumbai.info

【究極のズボラダイエット?!】「ロイヒつぼ膏」を貼るだけで得られる効果とは?

ロイヒつぼ膏は、皮膚に貼ることで有効成分の温感の刺激により、血行を促して肩こりや腰痛などの緩和に効果が期待できる温感湿布のことを言います。また、小さい丸型の形状からとても貼りやすく、なんとダイエットにも取り入れる場合もあるそうです!そこで今回は、使用上の注意点も含めてロイヒつぼ膏の魅力について探っていきます!

ロイヒつぼ膏とは

ロイヒつぼ膏は、有効成分による温感刺激で患部の血行を促進し、鎮痛消炎作用とあわせて、コリや痛みに効くと言われる湿布薬です。現在では肩こりや腰痛に悩む多くの方たちに愛される商品となっています。

そんなロイヒつぼ膏ですが、最近では足裏に貼ることで、様々な効果を期待できるとして話題を集めています。その驚くべき効果や魅力を知れば、皆さんも試してみたくなるかもしれません…!

ロイヒつぼ膏の3つの魅力

1:体の調子が良くなる!

足の裏には多くのツボが集まっています。場所によって期待できる効果がそれぞれ異なりますので、目的に合わせて温感湿布を貼ることによって、体の調子を整えたり、各臓器の働きを活発にする効果が期待できると考えられています。

2:やせやすい体質作りをサポート!

血液の流れが悪いと、体の隅々まで栄養が行き届かなくなって不要物が溜まりやすくなります。その結果、代謝が低下して太りやすい体質になったり、肌トラブルを起こしやすくなると言われています。ロイヒつぼ膏を貼って血行が促されることで、代謝が上がりやせやすい体質作りに繋がるほか、むくみや冷えの解消にも繋がると考えられています。むくんでいるだけでも、体重は約2kgも増えて見えてしまうと言われているので、心当たりのある人は試してみる価値はあるかもしれませんね。

3:低コスパで始めやすい!

ロイヒつぼ膏は、156枚入りで約600円前後(編集部調べ)。つまり、1枚約4円ほどの計算となります。これなら惜しみなく使えそうですよね。また、直径約2.8cmの丸形サイズで粘着力が高く、患部にピンポイントでフィットするため、激しく動いてもはがれにくいのが特徴です。普通の温感湿布を貼る際に、上手に貼れなかった経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか?しかし、ロイヒつぼ膏の形状から比較的失敗ないので、無駄使いをしてしまう心配もなくなるかもしれません。

▶【1日5分で美脚に?!】「足裏筋トレ」で美脚になれる3つの理由とは?

ロイヒつぼ膏の使い方

ロイヒつぼ膏は、第3類医薬品なので、全国のドラッグストアで手軽に購入できる商品です。冷感タイプ、温感タイプ、大判タイプなどいくつか種類があります。ダイエットを目的として使用するのは、一番スタンダードな温感タイプのロイヒつぼ膏がおすすめです。

ロイヒつぼ膏は、足の裏に貼ったら、そのまま貼りっぱなしで1日過ごしてOK!入浴の際に1日1回交換するのが基本の使い方だと言います。(交換の目安としては、約12時間前後だと言われています。)また、貼る前に足の裏をよくマッサージしてから貼ると、ダイエット効果UPを期待できます。あわせて、簡単なストレッチなどを取り入れるのもおすすめです。

注意点

皮膚の弱い方、アレルギー体質の方は、皮膚の様子を見ながら試しましょう。また、妊娠中の方、15歳未満の方などはロイヒつぼ膏の使用を控えるようにしましょう。

▶【フットケアは完璧?】自宅でも簡単に実践できる足裏ケア方法とは?

まとめ

いかがでしたか?貼るだけで、ダイエットや美容、健康の効果に期待できる「ロイヒつぼ膏」。貼るだけなので、忙しい方やズボラさんにもオススメな方法ですよ!ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!

  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース

www.ukrterminal.kiev.ua/ru/services/Tamozhennobrokerskie-uslugi/

apach.com.ua

У нашей фирмы нужный портал , он рассказывает про http://maxformer.com.