ダイエット中のおやつに◎【アーモンド】が今話題のダイエットフードなワケ

日本でもクッキーやケーキなどすっかりお馴染みのアーモンド。おつまみなどにも合いますよね♪アーモンドはもちろん、海外でもよく食べられています。そのアーモンドは、最近ダイエット効果も秘めていることで注目をあびています。今回はそんなアーモンドが、海外でどのような取り入れ方をされているかをお伝えします!

アーモンドに含まれる栄養!

アーモンドは、美容に健康にダイエットに良いと日本でも話題のスーパーフードですね。でも、そもそも何がそんなに良いのでしょうか?

【1】良質な脂質
まず、アーモンドは“脂質”を多く含んだ食品です。ですが、この脂質は体脂肪に変わりにくく、血糖値を安定させる作用があるため、ダイエット中にも効果的です。

【2】栄養
次に注目すべきはアーモンドに多く含まれる“ビタミンE”です。ビタミンEは、優れた抗酸化作用を持ち、体を元気いっぱいにしてくれます。同時に、細胞の生まれ変わりを促進してくれるため、肌や爪、髪、筋肉など全身の細胞を綺麗にリフレッシュしてくれます!風邪やケガをして、体や気持ちがダウンしてしまっている時も、ビタミンEは大活躍してくれますよ!

アメリカでの【アーモンド最新事情!】

アーモンドは、アメリカでどんな使われ方をされているかご紹介していきましょう。

アーモンドは、アメリカでとても定番の食品です。
どこへ行っても手軽に手に入れることができ、日頃からよく食べられている食品です。素焼きのアーモンドからアーモンドミルク、アーモンドバター、アーモンドチョコレート、アーモンドプロテインなど本当にたくさんの商品で溢れています。

また、様々なレストランやスーパーマーケット、パーティー会場、色んな場所で、ドライフルーツやダークチョコレート、クルミやカシューナッツなど他のナッツと並んで、頻繁に登場します。

日頃からよく食べ、よく運動をするアメリカ人にも、アーモンドはとっても役立つ存在です。アーモンドに含まれるビタミンEは、スポーツをした後の疲労回復に役立ちますし、トレーニングなどをして筋肉を作る際にも、筋肉の生まれ変わりのサイクルをスムーズに促してくれます。また、アーモンドは良質な脂質を多く含んでいることから、腹持ちの良い間食として取り入れられることも多く、空腹感を抑え、食べ過ぎを防いでくれます。アーモンドは日持ちが良く、手軽に持ち運べて、いつでもどこでも食べられることも、アメリカ人にとっては利点なようです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
アーモンドには優れた栄養パワーが含まれています。アーモンドには色んな商品がありますが、カロリーオーバーにならないように“素焼き”のものか“生”のものがおすすめです!

また、軽く手の平一杯分くらいを1日の目安として取り入れてみてください。小腹が空いたときにそのまま食べても良いですし、朝食として、牛乳やヨーグルトと一緒に食べても良いですね。その他、日々のメニューとしてサラダに振りかけたり、野菜や肉と一緒に炒めたり、パンやお菓子作りの材料としても活躍してくれますよ。アーモンドの栄養パワーで、あなたの毎日がますますフレッシュに生まれ変わるかもしれませんね!


朝食にオススメする商品

ダイエット中でも食べごたえがあって嬉しい!

カーマンズ ミューズリー

1992年、ミューズリーが大好きだった女子大生が会社を立ち上げたオーストラリアのカーマンズのミューズリー。全粒オーツ麦(押麦)、レーズン、アーモンド、ひまわりの種などにシナモンを加え素材の味がそのまま楽しめるミューズリーです。朝食におすすめです。
合食

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!

  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース