「バガス」って知ってる?◯◯ごはんで腸活ダイエット!管理栄養士が解説します

沖縄の伝統食材として有名なさとうきび。お砂糖はさとうきびを搾って作られます。その絞りかすである「バガス」から、腸内環境を整える「さとうきびごはん」ができました。
今回はそんな「バガス」と「ダイエット」について解説いたします!

腸活におススメ「バガス」

「もったいない」から生まれた機能性食物繊維

さとうきびを搾って作られるのは、みなさんよくご存知の「お砂糖」です。お砂糖を作ったあと、さとうきびの絞りかすである「バガス」は、沖縄では工場の燃料として使われるほかは、農業廃棄物として捨てられていました。

実はこの「バガス」、実は“食物繊維”のかたまりなんです。食用になれば日本人に足りない食物繊維を補う食品になりますが、繊維が木材のように固く、食材としては不向きでした。

そこで沖縄県の民間企業と国の研究機関が共同で研究をすすめ、蒸煮・爆砕法によってバガスの繊維をほぐすことに成功し、食べられる“機能性食物繊維”が開発されました。

繊維をほぐしたバガスを、更に“麹菌”で発酵させることによって、腸内の善玉菌のえさになる「キシロオリゴ糖」が生成され、できたのが褐色の粉末です。 その褐色粉末を、お米に混ぜて炊くだけで香ばしい「さとうきびごはん」になります。

「さとうきびごはん」の栄養は

バガスは50%以上が食物繊維で、便秘の解消や予防が期待できると言われています。発酵により生成された「キシロオリゴ糖」が腸内環境を整え、さらにご飯に加えて食べることで、血糖値の急激な上昇を抑え、糖の吸収を穏やかにします。

ダイエット中のごはんを、「さとうきびごはん」に切り替えてみるのもいいかもしれませんね!

地球にやさしい“さとうきび”

さとうきびは、C4型光合成というスタイルで光合成をおこなうため、地球温暖化の原因といわれる二酸化炭素を大量に吸収します。そう、地球の環境保全にも有効な作物なんです。

このように、さとうきびは地球環境に優しく、「もったいない!」を機能性食物繊維に変え、ヒトの健康にも役に立つありがたい作物だったのですね。

ECOなさとうきびを使って、「さとうきびごはん」。是非ダイエット中のお食事にお試しください♪

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!

  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース

steroid-pharm.com

Был найден мной авторитетный web-сайт , он описывает в статьях про Сео текст.
xn--80aaahqpcuvhvipz6j.com.ua/%D1%8F%D0%BC%D0%BE%D1%87%D0%BD%D1%8B%D0%B9-%D1%80%D0%B5%D0%BC%D0%BE%D0%BD%D1%82/