【ぽっこりお腹とさよなら!】ウエスト-5cmを目指す簡単腹筋トレーニングとは?

【ぽっこりお腹とさよなら!】ウエスト-5cmを目指す簡単腹筋トレーニングとは?

ダイエットには食事を工夫するのも1つの方法ですが、お腹まわりを鍛えたい時には運動や筋トレが最適です。簡単な腹筋エクササイズでも、筋肉を刺激すればお腹まわりがすっきりします。正しい腹筋方法を身につけて、ぽっこりお腹とサヨナラしましょう!

お腹まわりがスッキリ! 簡単腹筋ダイエット

腹直筋上部を鍛えるクランチ!

クランチとは、両ひざを立てて仰向けに寝転び上体を起こす…という、おなじみの腹筋運動です。動作のポイントは、手は耳のあたりに軽く添えるだけで、上体を起こすときの補助として使わないこと。

腹直筋(一般的にいう腹筋)上部を鍛えることを意識して、ゆっくりと息を吐きながらおこないましょう。15~20回を1セットとして、1日のうちに2~3セットおこなうのがベストです。

レッグレイズでぽっこりお腹を解消!

レッグレイズとは、腹直筋の下部を鍛える腹筋運動のことで、下腹部のぽっこりお腹を改善したいときにおすすめです。この運動は重点的におこなうよりも、別の腹筋運動と組み合わせることで、相乗効果が期待できますよ。上手く活用して、理想のぺったんこお腹を目指しましょう。

まずは仰向けに寝て、両脚をそろえて上下させます。そのときに、反動を使って脚を動かさないことがポイントです。あくまでも、腹直筋の下部を使うことを意識します。セット回数はクランチと同様、1セット15~20回で、2~3セットおこなうのがおすすめ。

オブリーク・クランチでクビレ美人に!

オブリーク・クランチとは、脇腹の腹斜筋を鍛える腹筋運動です。やり方はとても簡単。 仰向けに寝転んで、両手を後頭部で組みます。それから上体を軽く起こしながら、体を左右にクイッとひねりましょう。

ポイントは体をひねったら、1秒程度静止すること。これは筋肉を収縮させるためにとても大切なことなのです。また、左右の切り替えのタイミングは交互におこなうのではなく、15回~20回ごとに切り替えるようにして、連続でおこなうようにしましょう。

腹筋は回数にこだわる必要なし!

腹筋運動は、多く回数をこなすほど効果が出やすい…というイメージがありませんか?持久力をつけたいと考えているならば、確かに回数は重要です。しかし、ぽっこりお腹を改善したい、スリムな体を手に入れたいと考えているなら、その必要はありません。

筋肉を使う腹筋運動では、毎日おこなうよりも筋肉に休養を与える方が、より効果的といわれているようです。筋肉を刺激した後は、丸1日休養の時間を与えるといいでしょう。筋肉の仕組みを理解して正しい方法でおこなうことが、腹筋エクササイズのポイントです。

【メルマガ登録者限定】7日間ダイエット講座!

15万人が読んでいる、ダイエットプラスの無料メールマガジン

現在、ダイエットプラスのメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【7日間ダイエット講座】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるならダイエットのプロのアドバイスが一番! 読むだけでダイエットに!

その他、話題のダイエットニュースや、管理栄養士の考えたヘルシーでバランスのよい献立なども受け取れます。

5秒で簡単!メルマガ登録

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!
  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース

making websites

ankle massage

http://alumix.com.ua/production/rolletnye-sistemy-1/rolletnye-vorota/