管理栄養士が解説!"揚げないメンチカツ”で美味しさ&ダイエットの両方がかなう!

今、検索ワードでアツイ料理といえば…"揚げないメンチカツ”。揚げない、ということでカロリーオフという予想はつきますが、おいしさ&栄養面でも、実はとても理に適っているメニューなんです。今回は、ダイエット中にもピッタリな「揚げないメンチカツ」について管理栄養士が解説。おすすめレシピについてもご紹介いたします。

「揚げないメンチカツ」が美味しすぎる理由とは?

秘密は具の組み合わせ

揚げないメンチカツで特におすすめの具は、あいびき肉&千切りキャベツの組合わせ。

とんかつといえば付け合わせには千切りキャベツが定番ですね。そして、とんかつの脂っこさを千切りキャベツが「お掃除モップ」の役割でさっぱりさせてくれます。

これはメンチカツも同じ原理。ひき肉の脂っこさを千切りキャベツがさっぱりさせてくれるのです。キャベツは加熱されることで歯ごたえを残しつつ、甘さと旨味が増し、ひき肉のジューシーな味わい&キャベツの歯ごたえが美味しいハーモニーを奏でます。

ダイエット中でも安心のおすすめレシピ

材料2つ!簡単揚げないメンチカツ

"材料たった2つ!これでダイエット中や妊娠・授乳中の方も食べられます。ヘルシーだけど味は普通のメンチカツです!”



◆キャベツの割合を最大限にしてカロリーを抑えたレシピです。

キャベツとひき肉の組み合わせ、栄養面でのメリットは?

胸やけ予防だけでなくダイエットにも◎

アメリカの国立がん研究所が中心となって疫学調査し、がんを予防する食品をまとめた「デザイナーフーズ」の中で、キャベツはニンニクと共に「とてもがん予防効果の高い食材」として紹介されています。キャベツのがん予防効果は世界的に認められているものなのです。

ひき肉は脂分が多く、胸やけや胃のもたれをおこしやすい食材ですが、キャベツのビタミンU(キャベジンとも呼ばれています)が胃酸の分泌を抑えてくれます。またビタミンUは胃粘膜の修復を助けるといわれています。胃粘膜の修復にはたんぱく質が必要ですが、ひき肉のたんぱく質とキャベツの組み合わせは、胃炎や胃潰瘍の改善も期待できます。

さらに、キャベツの食物繊維が腸の中の善玉菌のえさになって、腸内環境を改善するとともに、便のカサを増やして便秘の改善・予防も…まさにいいことづくめのメニューです♪

まとめ

キャベツの千切りは噛みごたえのある食材です。よく噛むことで満腹感が得られるため、食べ過ぎを防ぐことも◎

メンチカツ1個は揚げることで約7.5gの油を吸います。それは、カロリーにしたら約70kcalも増えるということ。でも今回ご紹介した揚げないメンチカツは、その分のカロリーもオフ!

子供も大人もダイエッターも、大好きな「揚げないメンチカツ」。ぜひお試しくださいね。

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!

  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース

У нашей компании важный веб сайт с информацией про http://biceps-ua.com/.
Нашел в интернете важный портал на тематику купить хонда цивик https://dmi.com.ua
https://h-school.kiev.ua