太らないカラダに!管理栄養士が、飲み会の翌日に実践していることって?!

飲み会が多くなると、一番気になるのが体重増加・・。恐る恐る体重計に乗り、やっぱり・・とため息がでそうになることもありますよね。今回は、体重管理のプロである管理栄養士が、飲み会の翌日に実践している体重管理方法をご紹介します♪

まずは、体重を測定することからはじめてみましょう!

地道だけど、毎日の自己管理はとっても大切!

飲み会が続き、絶対に体重が増えているな・・と感じた時には、どうしても体重を計るのが億劫になってしまうもの。
しかし体重測定をやめてしまうと、自己管理が甘くなってしまうので、逆に体重は増えていく一方です!!体重を増やさないためにも、体重測定の習慣化を心がけてみましょう。

計測のポイントとタイミング

理想は毎日計る事がベストですが、忙しい方は3日に一回は体重を記録することをオススメします。体重を計る事で、どのくらいの期間やタイミングで自分の体重が変動するのかを、実際に目で見て実感することができます。

測定するタイミングは「起床後お手洗いを済ましてから」を心がけてみてください。体重と体脂肪率をしっかり記録して自己管理をしていきましょう♪

今からでも間に合う◎食事編

飲み会の翌日はしっかり食事を意識して、体重増加を防ぎましょう♪

飲み会後は「飲み過ぎた〜!」と後悔する前に、すぐに気持ちを切り替えていきましょう。食べた物はすぐ脂肪には変わらないので、後日の食事管理で体重増加を防ぎます。

実際に管理栄養士が行っている食事調整法をご紹介します♪

和食中心を心がける

洋食や中華に比べると、脂肪分も控えられるのでカロリーを調節しやすくなります。また、お野菜もたくさん食べる事ができるので◎

揚げ物や高カロリーな食事は控えめに

からあげや天ぷら、カレーやラーメンなど外食はカロリーも高くなりがち。体重が増えてきているなと感じた時には、食事内容の選択もひと工夫してみましょう。この際も、和食を選ぶと更にgoodです♪

18時以降は食事を控える

夜は寝るだけなので、摂取エネルギーが多くならないように注意しましょう!また夜に食べた物は、脂肪になりやすいので注意が必要です。難しい場合は、寝る3時間前を目安に食事を終えるよう意識してみましょう。

たっぷりの野菜と、片方の手のひら程度の分量の低脂肪高タンパクな食材を選び、食べ過ぎて疲れてしまったカラダを休めてあげましょう。

炭水化物の量を調節する

普段食べている白米を1/2〜1/3程度減らしたり、6枚切りの食パンを8枚切りにすることで、約100kcal程のカロリーカットが可能になります。外食時は、普通盛りを小盛りにするだけでも大丈夫です♪

普段の行動を少し意識してみる◎運動編

更に効果を出すために!有酸素運動を取り入れてみましょう!

管理栄養士が一番が実践している運動法は「ウォーキング」です!一駅分多めに歩く、万歩計を使用し歩数を増やすなどを意識しています。その他にも、階段を積極的に使い運動量を増やすようにしています。

またウォーキングなどの有酸素運動は脂肪を燃焼する効果があります。30分程度の運動時間をかけることで脂肪燃焼効果が得やすいと言われていますが、最近の研究では、10分の運動を3回行い、トータル30分としても、効果は変わらないとされています。

忙しい方や運動が苦手な方は、まずは10分〜カラダを動かす事を意識して普段の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

夕食時のチョイスはこれがおすすめ!

たっぷり野菜のヘルシースープ

★夕食時はカロリーを調節してあげる事で、体重が落ちやすくなります。
そんなときに野菜たっぷりでカラダがあたたまるヘルシーなスープをチョイスすることをおすすめします♪

★お肉を入れたいときの注意点
もも肉を使用する際は、脂身をしっかりカットすることを忘れずに。また、肉の種類をささみや胸肉にしてあげることで、低脂肪高タンパクな食材に早変わり◎

ぜひお試しくださいね♪

カテゴリ別ニュース

danabol-in.com

np.com.ua/holodilnoe-oborudovanie/morozhenicy.html

У нашей организации авторитетный блог , он описывает в статьях про мальдіви тури www.tmtravel.com.ua