お正月太りにお役立ち!【食べる順番ダイエット】おせち料理編

お正月太りにお役立ち!【食べる順番ダイエット】おせち料理編

お正月です。おせち料理を食べ始める前に知っておきたい、ダイエットにもOKなおせち料理を食べるコツを管理栄養士が伝授いたします。

おせち料理は、食べる順番に気をつけて

お屠蘇・おせち・お雑煮 まず何から食べればいいの?

食べる順番ダイエットとは、野菜→おかず→ご飯の順に食べることで血糖値を緩やかに上昇させ、過食も抑えるダイエット法。簡単だから続けやすいです。
おせち料理を食べる際も、食べる順番に気をつけて、急激な血糖値の上昇を防ぎましょう。

低GI食は意外にも…お屠蘇(とそ)でした!

お正月にお屠蘇を飲むしきたりは中国の唐の時代から始まって、日本には平安時代の初期に伝えられたそうです。「屠蘇散」と呼ばれる漢方薬の入った袋をみりんに漬け込み、元日の朝、家族そろって東を向いていただきます。

みりんは、血糖値を急激に上げることがない低GI食。屠蘇散は体を温め、抗菌作用・風邪を予防する働きのある漢方のブレンドです。スーパーなどで購入ができます。
今年の元旦は、健康を願ってお屠蘇からはじめてみてはいかがでしょうか

でもやっぱり、お正月は日本酒!という方。乾杯はちょっと待って!

食べる順番ダイエットでは、まず野菜を食べますが…おせち料理はちょっと注意が必要です

まずはお雑煮からいただきましょう

おせち料理のお煮しめや酢の物には、保存のためにお砂糖が入っています。そこで、まず最初に召し上がっていただきたいものは、お雑煮の小松菜などの青物野菜や干しシイタケ。
次に酢の物。そしてエビやお肉、かまぼこ、昆布巻きなどに。
ここまで来たら、日本酒が飲み頃です。

お煮しめは終盤で

最後の〆は、お雑煮のお餅やきんとん

お煮しめのお野菜は人参、里芋、れんこんなど糖質が多いもの。お肉やエビの後がおすすめです。
根菜類は食物繊維が多いので、腸内環境の改善に効果が見込めます。また、よく噛んで食べることで満腹感にもつながります。
そして最後に、お雑煮のお餅やきんとんを!

1年の計は元旦にあり!

「食べる順番ダイエット」ではよく噛むことも大切です。食べる順番&よく噛むことで無理なく食べ過ぎを防いで太りにくい体質に。
1年の計は元旦にあり!良い年でありますように。

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!
  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース

Грузовой аккумулятор A-Mega

220km.com

Оренда сцени